小松市で妊娠しやすい身体に体質改善できる不妊治療院。

ワイズ接骨院 小松粟津店


冷えとトイレの関連性は?

onakanoitami
こんにちは。
ワイズ接骨院小松粟津店の中山賢一です。

寒暖の差がとっても大きいですね。こんな時は体調を崩しやすいです。

私の場合はちょっと体が冷えてしまうとトイレが近くなったり下痢をしたりしてしまいます。

でもなんでこんな反応を身体はしているのでしょうか?実はこれには理由があったのです。


冷えるとトイレが近くなるのには訳がある!

トイレが近くなったり、下痢をしたりするのは理由があるのです。

私の例で考えると、症状が出る前に身体が冷えてしまっているからです。つまり身体が冷えているので水分を出すのです。

でも身体から水分が出るとどうなるのでしょうか?なぜ水分を出すのでしょうか?

実は水分を出すことによって次のようなことをしているのです。
  • 身体を温める
  • 身体の毒素を排泄する
この2つ、身体にとってとても大事なことですよね。

つまり身体を守るために行っていたのです。

水分が多いと身体は冷えてしまいます。冷えると身体の機能は低下し免疫力も下がります。こんな身体の状態では毒素を処理する能力も低下します。

体温の低下とそれに伴う免疫力の低下を防いでいるのですね。

おしっこが近くなるのは日中よりも夜間に近くなる人が多いです。これにもちゃんとした理由があるのです。


夜中のトイレの問題とは

年を取ってトイレが近くなるのは、実は身体が冷えているからなんです。特に夜寝てるときは体温が下がるので深く眠れるのですが、身体が冷えているとそれ以上下がると危ないのです。

だから身体を冷やさないようにトイレが近くなったり、睡眠を浅くして体温が下がりすぎないようにしているのです。


下痢をしてしまった場合

悪いものを食べるとお腹が痛くなって下痢を起こすことが多いです。またそうではなくても冷えるだけで私の様に下痢をしてしまう人も多いです。

これは早く悪いものを出したいという反応と、水分を出して体温をあげ体の免疫力を高める、そして悪いものをやっつけるという反応の表れです。

冷えるので免疫力が働きにくくなることで、今まで処理できていたものが体で処理できなくなってしまうから早く出したいのです。

だから熱が出るのも悪いものをやっつけるための反応なのです。

体温が上がることで免疫力が上がります。この時に小さいウィルスをやっつけるためのリンパ球が働きやすくなるのです。だからむやみに下げるのは良くない、というのが免疫学から見た見解だそうです。


改善のためには

改善するには体質改善、特に体温を上げる工夫が必要です。

そのために有効な方法は次の2つ。
  1. 運動
  2. 食事
が有効ですね。


1.運動について

運動は筋肉を使い熱を作ること、そしてその熱を循環させることです。

お勧めは散歩ですね。注意は姿勢よく少し大股で歩くことです。この歩き方ですと身体の熱を作りやすく、股関節を大きく動かしますので血液循環が良くなりやすいのです。


2.食事について

食事では身体を温める効果のあるものを中心に食べることが有効です。
生姜やゴボウ、ニンジンなど色の濃い根菜類が良いと言われております。

調べればもっとたくさんあると思いますが、自分のあった方法であれば良いですね。

もっと詳しく知りたい方は専門の人に聞いたりするといいですね。

まとめ

冷えるとトイレが近くなるのは身体を守るために反応なのです。また冷えて下痢になるのも同じです。

だからこれを防ぐには体温を高めることが重要なのです。お薬では防げませんし、お薬では身体の冷えや免疫低下が余計にひどくなることもあります。

改善は自分で出来るのです。工夫して楽しみながらできるとより効果的ですね。

自分一人では難しい人は当院までご連絡ください。一緒に改善していきましょう!


<追伸>
メルマガ始めてみました。主に治療家さん向けですが、ご興味あれば登録お願いします。

https://form.os7.biz/f/850e4b11/

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

ワイズ接骨院 小松粟津店のご案内

住      所:
〒923-0342
石川県小松市矢田野町ホ170-1
アクセス:
粟津駅徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
0761-58-0585
受付時間:
9:00~20:30
土・祝は9:00~18:00まで。
水曜のみ12:00~15:00の間は
お昼休みを頂いております。
休業日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ