小松市で妊娠しやすい身体に体質改善できる不妊治療院。

ワイズ接骨院 小松粟津店


あなたは大丈夫?冷え性と不妊の関係性

hiesyou
「冷え性」を自覚しておられる女性はかなりたくさんいます。そして冷え性は妊娠に影響あることもほとんどの人が知っております。

では、なぜ冷え性が妊娠に影響するのでしょうか?お腹が冷えるから、だけではありませんよ。

冷え性が妊娠出産に影響する理由、それは血液循環が悪くなるからです!

では血液循環が悪くなると妊活にどう影響してくるのでしょうか?そして冷えているとは身体はどうなってしまうのでしょうか?


血液循環の悪化の影響とは?

血液は多くのものを身体のすみずみにまで運びます。具体的には以下のような働きを行っているのです。
  • 身体に必要な物を必要な所へ運び、不必要なものは排泄する場所に運びます。
  • 必用なものとしては栄養や酸素、ホルモンを必要な場所に運びます。
  • 不必要なものとしては老廃物を排泄する場所に運びます。
  • そして体温も血液の流れに乗って循環するのです。
血液循環が悪くなると、上記のような機能が低下してきます。血液循環が悪い状態になってしまうことで内臓の機能も低下します。栄養や酸素をもらえず老廃物も蓄積するからです。そんな状態が続くと今度は体力も低下します。そしてこのようになってしまった身体を守ろうとして身体は歪みこわばってくるのです。

手足が冷えている時は全身の血液循環も悪くなっているのです。

血液は体温も運んでいます。全身へ体温を運べないとどうなるか?実は上に上がってくるのです。熱い空気が上に上がるのと同じで体温も上に上がるのです。

体温が上に上がってくるとそこにはあるのは頭です。頭(脳)が熱くなるんです。これは身体に緊張状態を作ります。例えば風邪で熱が頭にこもっている状態を考えれなばわかると思います。

頭に熱がこもってくると、交感神経が緊張します。また身体も緊張しこわばってくるので肩こりや頭痛が出やすくなります。そして睡眠も浅くなってくるのです。

血液循環が悪くて身体に良い事は一つもありません。だからぜひとも改善したい症状の一つになるのです。


血液循環の悪化が身体の機能を低下させる

内臓は自律神経やホルモンの信号でその機能をコントロールし、血液から栄養や酸素をもらうことで働きます。

身体が冷える原因は以下の3つです。
  1. 身体を冷やすことが多い
  2. 体内で十分な熱が作れない
  3. 体温を循環させられない

それぞれについてみていきましょう

1.身体を冷やすことが多い

身体を冷やすことが多いとはどのようなことでしょうか?
単純に冷える環境にいるというだけでなく
  • 食べ物の影響:お菓子など白砂糖を使った食べ物
  • ストレスがかかる環境:交感神経の緊張による血管収縮の影響
  • 動きの少ない生活:血液を循環させられない環境
なども影響してきます。

2.体内で十分な熱が作れない

これは女性の場合もともとの基礎代謝が男性より6~10%少ないのです。
だから少しでも血液循環が悪くなると冷えを感じるようになってきます。

3.熱を循環させられない

これは血液循環の問題になります。体の熱も血液循環に乗ってはこばれているのです。

手足の血液循環が悪いと手先足先が冷えてきます。循環しない熱は身体にこもります。さきほども述べた通り頭に熱がこもってしまいます。この状態がひどいと不眠になりやすい傾向もあります。

動きの少ない生活環境にいると動きの少なさと身体がこわばるので、血液循環が悪化しやすいです。


どうすればいいのか

どうすれば改善できるのでしょうか?当然、薬で改善できる問題ではありません。

実は答えは簡単なのです。先ほど述べた事の逆をすればいいのです。

当院でおススメしている方法は次の3つです。
  1. 散歩
  2. 腹式呼吸
  3. ツボ押し
これ以外はダメなのかというとそうではありません。
ただ、それぞれ目的が合って行っているものなので他の体操でもそれが行えるのであればかまいません。

それぞれの目的を見ていきましょう。

1.散歩

散歩の目的は次の2つです。
  • 熱の産生
  • 血液循環を促す

散歩時のポイントは大股で歩くこと姿勢良く歩くことです。

大股に歩くことにより股関節が十分動かされるので、卵巣への血液循環が良くなります。
また、姿勢よく歩くことで体幹の筋肉が刺激され、内臓の血液循環も良くなるのです。

2.腹式呼吸

腹式呼吸の目的は次の2つです。
  • 自律神経のバランスを整えること
  • お腹の中の圧力の差を作り、お腹の血液循環を促すこと

腹式呼吸の方法はいくつかありますが、当院では妊活に適した方法をお伝えしております。

腹式呼吸のポイントは吐く息の方にあります。ある程度吐ききることでお腹の内圧の差が生まれ、血液が流れやすくなるのです。

実際の方法としては
・鼻から吸う(10秒)
・口から吐く(20秒)
になります。

あまり苦しく感じるときは秒数を減らして行ってください。慣れてきたら長くしていけばいいのです。

3.ツボ押し

ツボ押しの目的はツボによる血液循環の改善にあります。
当院では大腿の内側~脛の内側を押す方法をお伝えしております。


大事なこと

そして大事なのが改善の目安なのです。
あなたは何を目的に体操しますか?

妊娠できない人の多くが体操を行うこと、もしくは妊娠することが目的になってしまっているのです。
そうではなく、冷えを改善するのが目的にならなければいけないのです。

だからいくら体操をしていても冷え症が改善できなければ、方法が間違っているか量が足りないのか、あるいは別の問題を考えなければいけないのです。

別の問題とはストレスの問題と食べものの問題が多いです。


まとめ

冷え症は改善させるのは実はそんなに難しい事ではないのです。ただ、自分で努力する必要があるだけなんです。

冷え症があっても妊娠出産できるのであれば頑張らなくてもいいでしょう。
でも妊娠できなければ、やってみる価値は十分にあると思います。
やれば必ず改善できます。あとはやるかやらないかなのです。

自分一人で難しければ当院がお手伝いします。

ワイズ接骨院 小松粟津店のご案内

住      所:
〒923-0342
石川県小松市矢田野町ホ170-1
アクセス:
粟津駅徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
0761-58-0585
受付時間:
9:00~20:30
土・祝は9:00~18:00まで。
水曜のみ12:00~15:00の間は
お昼休みを頂いております。
休業日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ